しらくぼ雑記帳

オタクのブログ

211系強化月間

大変ご無沙汰しております。しらくぼです。

 

年末に書きかけの下書きを見つけて脳死で投稿してから約3ヶ月、何を書くこともなくひたすら電車を追っかけていました。

そろそろ何か書くかとネタを探したのですが、いかんせんよく記録をつけていなかったので詳細があまり分からないものが多いんです…。

ですのでそれらを何となくまとめた「211系強化月間」というタイトルでブログを書かせて頂こうと思います。

今回も鉄オタ要素が強めになりますが、最後まで読んでいって下さると嬉しいです。

 

事の発端

俺「211系、かっこいいかっこいいとは言ってきたけどカットが本当に無いな!?!?!?!?」

本質に気づいてしまいました。

ただ、まさかこの時2月がここまでの211強化月間になるとは思ってもいませんでしたね…。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鉄オタ解説

 

知ってると記事の読みやすさがそれなりに上がるかもしれない

「211」、「長野色」、「湘南色」、オタク解説!!!

 

こんなの鉄オタの皆さんは見なくても知ってると思いますので、できる限り一般の読者の方に向け噛み砕いて説明していきます。

 

ー211系ー

貫通扉(顔真ん中の扉)や窓下に付いたライトの銀枠が特徴的な電車です。今回のブログの内容の8割を占めます。

かっこいいですね。
f:id:BUNTRAIN_1101:20220308132151j:image

かつては首都圏のみならず、関東甲信、静岡、中京圏に至るまで様々な所を走っていましたが、今では主な拠点を群馬県(高崎)、静岡県(静岡)、愛知県(神領(名古屋の北東))、長野県(長野)の4箇所に移し、走行する路線数も減少。

私の住む千葉からは少し足を伸ばさないと見れなくなってしまいました。

 

ー長野色、湘南色

長野色はこの青、湘南色は先程のオレンジです。



f:id:BUNTRAIN_1101:20220308135524j:image


f:id:BUNTRAIN_1101:20220308132151j:image


名前の通りで、長野県を走っていたのが長野色、湘南地方を走っていたのが湘南色なわけですが、現在それぞれの分布は

長野色:

篠ノ井線

中央東線

大糸線

 

湘南色:

東海道線(静岡地区)

上越線

両毛線

信越線(高崎ー横川)

中央西線 

関西線

 

となっています。

湘南色の方が多数派ですね。

今でこそ見られませんが、昔は中京色、房総色なんてものも存在しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに細かいキモ・オタク解説

ここからは少し難しい内容なので飛ばして貰って構いません!!!自己満解説です!!!!!

 

この211系、現在走っているものは所属している基地ごとに特徴があります。

この後記事に出てくるのですが、群馬で同じ色、同じ両数が撮れるのにわざわざ三重まで撮影に行ったのはこの形態差があるためなんですね…。

 

長野

なんと言っても長野色を纏った車体が特徴。色が違うのでこれはわかりやすいですね。豪雪地帯を走るための耐雪、耐寒装備も特徴です。(画像参照)

長野県の基地に所属していながら、東京都西部の高尾まで来る超ロングランをすることも特徴のひとつかもしれません。

f:id:BUNTRAIN_1101:20220308141147j:image

高崎

1編成を除きLED化された前面の表示機と、湘南色では唯一の耐寒、耐雪装備が主な特徴。関東とは言えど関東北部の雪はそれなりに厳しいですから、必須の装備です。

f:id:BUNTRAIN_1101:20220308141126j:image

静岡

2両の211が存在するのは静岡地区のみ。3両、2+2両、2+3(or3+2)両、3+3両など連結で多様な長さが見られるのも特徴ですね。f:id:BUNTRAIN_1101:20220308140743j:image

神領

今となっては唯一湘南色の優等種別(快速や急行などの種別)が見られる地区となりました。

また、この地区のみ見られる最大3+3+4両の計10両の長大編成は、首都圏で走っていた頃の211全盛期を想起させます。

f:id:BUNTRAIN_1101:20220308140802j:image

 

細かい差など探せばいくらでも出てきますので、「まぁ色々あるんやな」程度に思っていただけたら幸いです。長々と失礼致しました。)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、写真の方を見ていきましょう。

様々撮りましたが各日1枚を抜粋していきたいと思います。

 

2/5

長野色を撮影しに行きました。f:id:BUNTRAIN_1101:20220308141326j:image

山梨県某所での撮影。

川を渡る211系、田舎を走る長野色らしさを出せたかと思います。空が曇っているのが残念でした。

 

2/12

また長野色を撮影へ。
f:id:BUNTRAIN_1101:20220308141524j:image

駅からも近い、有名お手軽撮影地での1枚。

山梨県鳥沢駅が最寄りのこちらですが、午前中はここからほど近い鉄橋が順光(顔と側面に光が当たる状態)となるため、朝から夕まで一日遊ぶことが出来ます。

 

2/16

名古屋へ1度目の遠征です。

211の撮影は名古屋駅での撮影がメインで、観光などにある程度のウエイトを置いた旅行でした。


f:id:BUNTRAIN_1101:20220308142140j:image

名古屋地区のみ見られる湘南色の快速。

ちなみに名古屋駅のここ、先日撮影禁止になったとか何とか…?ギリギリでしたね…

 

2/17

遠征の続きです。

が、この日も駅で同じような写真しか撮らず観光に重点を置いていたので省略。

 

2/18

遠征3日目です。ちなみに、17日の夜に静岡へ移動しています。

f:id:BUNTRAIN_1101:20220308142808j:image

東静岡の貨物ターミナルと絡めた1枚。

富士山が静岡らしさを演出してくれています。

 

2/24

静岡の魅力にぞっこんになり、先週行ったにも関わらず再度遠征を決定。

f:id:BUNTRAIN_1101:20220308143335j:image

が、こんなよく分からない写真くらいしか撮れませんでした。

リサーチ不足でしたね…。

 

2/25

2回目遠征の2日目。

f:id:BUNTRAIN_1101:20220308143503j:image

天気も良く、富士山も大方見えていたため、有名撮影地へ。

富士山が大きく映るこの撮影地、被写体がかっこいいのはもちろんのこと、富士山の雄大さを登らずとも少し感じられるようで非常に良かったです。

 

強化月間などと言っていますが3月頭にも211を撮りに遠征に行きましたので、そちらの紹介だけ…。

 

3/4

三重(名古屋管轄)で土曜日撮りたいものがあったため、木曜夜に静岡で宿泊。

金曜日は多少静岡で撮影をしてから名古屋へ向かうことにしました。


f:id:BUNTRAIN_1101:20220308144442j:image

「階段を上がったら211が待っている」という211オタクの興奮を表そうとしたスナップです。

いかんせん構図を組むのが下手なので、見栄えがしないのは本当に今後の課題ですね。そもそも電車に興奮するのはオタクだけ、という根本の問題はありますが…。

 

3/5

駆け込みになりましたが、5300Mを撮りに三重へやって来ました。

多分「5300M」を解説し出すといつまでたってもこのブログが終わりませんので、気になる人は「関西線快速 5300M 211系」と調べればもっと詳しいサイトかなんかが出ると思います。


f:id:BUNTRAIN_1101:20220308145404j:image

めっっっっっちゃガスってました。

(「ガスる」=鉄オタ用語で黄砂やPM2.5、その他の原因により空に薄いガスのような雲のようなものが湧くこと)

この日は黄砂が酷かったみたいです。韓国で大規模な山火事があり、その煙が流れてきていたらしく、その煙の影響もあったかもしれません。

編集で誤魔化しましたが、どうでしょう…?

 

まとめ

というわけで2月〜3月頭にかけて山梨や静岡、名古屋に毎週のように通いつめ、多少なりのカットを揃えることが出来ました。

遠征では同行者と色々な話が出来たり、撮影地で知り合った方に車に乗せてもらい駅まで送っていただいたり、美味しいご飯を食べたり、様々な体験をすることが出来ました。これだから鉄オタはやめられません。

また気が向いたら記事を書こうと思います。

ここまで長々と鉄オタの独り言に付き合っていただき、本当にありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

秩父、紅葉狩り

ご無沙汰しております。しらくぼです。

 

今回も前回の記事に引き続き、旅行記をつらつらと書いていこうかと思います。

今回はいつもに増して鉄道成分多めになりますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

 

いざ秩父

朝6時過ぎ、いつもの時間ギリギリの癖が祟り新京成では集合予定時刻に間に合わないことが発覚。

やむなく西船橋まで東葉高速を使います。

鉄オタか地元の方なら分かるとは思うんですがこの東葉高速線、とても便利であることの引き換えに非常に運賃が高いです。


f:id:BUNTRAIN_1101:20211122215605j:image

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜オタク解説〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東葉高速線

東葉勝田台西船橋間の20km弱を25分で走破し、東京メトロ東西線へそのまま直通、日本橋、大手町、飯田橋などの東京の中心部を貫いて中野、三鷹までも一本で行ける通勤路線。

今回利用する北習志野西船橋は約9km、3駅で運賃は440円。直通先の東京メトロで今回の集合場所の池袋まで向かいますが、西船橋ー池袋は25km強、乗り換え含め22駅で320円。

 

異常だね

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

さて池袋で友人と集合しましたが、メンバーが一人足りません。

どうやら三脚を車内に忘れたらしく、取りに行っているんだとか。普段は僕がそんなことをやる立場なのでなんだか不思議な気分でした。

その遅れた友人(以後M)は後から追っかけてくるとの事だったので先に予定の電車に乗車。

 

今回乗車するのはきいろいでんしゃの会社、西武鉄道です。

そして石神井公園からはS-TRAINという列車に乗車しました。500円の課金であの快適さはなかなかコスパがいいですね。

シートはクロスシート。普段通勤用としても運用されている車両なので他の特急車両等に比べると気持ち座席は硬め。


f:id:BUNTRAIN_1101:20211122222759j:image

途中の飯能までは特急とほぼ変わらぬ停車駅。飯能ー秩父においてはなんとノンストップ、特急より停車駅が少ないんですね。これには驚きました。

 

そして秩父へ到着。今回は紅葉シーズンということもあってか半年前に訪れた際よりも何倍もの人が。f:id:BUNTRAIN_1101:20211122223003j:image

紅葉の力、恐るべし。

 

長瀞観光

さて秩父に来たはいいもののどこへ向かうものか。

鉄オタ特有のノープラン旅行なので行先がありません。

話し合った結果、とりあえずMの到着を待ち、合流出来次第長瀞へ行くことになりました。

名所、長瀞の岩畳の他にも、様々魅力的なスポットがあり、前回の訪問時には時間の関係上満喫することは出来ませんでしたので、今回こそはいい写真を持って帰りたいものです。

 

ということで上長瀞へやってきました。

なんと背景に写っている川、荒川なんです。

こんな山の中から都会まで流れていると考えると、なんだか感慨深いですね。

f:id:BUNTRAIN_1101:20211125141152j:image

 

 

さて、ここまで書いた下書きを見つけた年末(2021/12/29)ですが、私はこれをどうすればいいのでしょうか?

なんかこの後いい感じの紅葉撮って終わりました

ちゃんちゃん

 

 

突発で静岡旅行に行きました

皆さんこんにちは。しらくぼです。

今回はちょっとした旅行記のようなものになります。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

事の発端

ひと月前のこと。バイト終わりの私は唐突にこう思ったんです。

 

「旅行に行きたい」

 

バイトは夜勤なので時刻は深夜2時、普通に考えたら次の日行くとしてもせいぜい近所や千葉県内が限界といったところでしょうか。

しかし手元には青春18きっぷが。

このご時世ですので東京のど真ん中で遊ぶというのもなんだかはばかられますし、どこに行こうかと決めかねていた時、ふとあることを思い出しました。

 

2年前、友人2人と青春18きっぷで静岡旅行に出かける予定で徹夜していたのですが(始発に乗る予定だったので、寝てしまうとそれはそれで寝坊の可能性があるため)、あと30分で家を出るというタイミングでまさかの寝落ち。起きた時には既に友人2人は小田原手前。

いやほんとなかなかに申し訳ないことをしていますね…今でも相当擦られてはいるのですが。

 

この時撮影予定だったのが大井川鉄道天竜浜名湖鉄道天浜線の「うなぴっぴごー」。

これのリベンジを果たしに行こうとふと思い立った訳です。

さらには今年の春から清水で一人暮らしを始めた友人がいるので、彼にも会ってこようという算段で、まだ空も明けきらない朝5時に家を飛び出しました。

 

静岡へ

津田沼から横須賀線に乗り、東海道線をひたすら乗り継いで行くわけですが、朝の東海道線は人も少なくてなかなか快適でした。

f:id:BUNTRAIN_1101:20210819230854j:image

モンエナとカメラを持って記念撮影(?)

徹夜明けのモンエナってなんであんなに美味しいんですかね…犯罪的です。

 

そして津田沼から電車に揺られること3時間、沼津に到着しました。

沼津駅にはどこか懐かしい風景が広がっていて、随分と旅気分を満喫することが出来ました。

 

f:id:BUNTRAIN_1101:20210823113937j:image

f:id:BUNTRAIN_1101:20210823113903j:image

自分が生まれた世代とは離れているはずなのに、211系+木造の駅の組み合わせに懐かしさを感じるのは何故なんでしょうか…

 

f:id:BUNTRAIN_1101:20210819231325j:image

沼津駅の駅そば。優しいおばちゃんが店員でした。

 

さらに西へ

続いて乗車するのは島田行き普通。これ、悲しいことにひとまずの目的地である金谷駅の1つ前止まりなんですよね…。

まぁそれでも20分に1本は電車が来るので、そこまで苦痛でもないのが実情ではあるんですが。

 

そして島田駅から電車で約5分。金谷駅に到着しました。

先程の島田駅が近代的なバスロータリーを備えたそこそこ大きな駅だったのに対して、金谷駅は最寄りのコンビニまで徒歩10分(駅員談)というなかなかの田舎具合。

しかしながらここでまた興味深いことに気が付きました。

 

金谷よりも新金谷

金谷の街の中心部は大井川鉄道で一駅北に進んだ新金谷駅から北に伸びているんですよね。

事実、新金谷から北に数駅行ったところまではバスが何系統か走っていますし、街も近代的な建物やコンビニ、さらにはついこの間の2020年11月、新駅(門出駅)が開業したとの事で賑わいを見せています。

このようなタイプの駅って、本来の町の中心部に駅を作る土地がなく、かと言って地下に潜らせる技術も無いため仕方なしに町外れに作った、なんていうような歴史の長い駅にありがちなんですよね。

(調べたところ広島、金沢なんかがその顕著な例みたいで、他にも佐原などが挙げられるのではないでしょうか?)

そこで調べてみたところ、金谷駅の開業は1890年。100年以上の歴史を持つ駅でした。

金谷は室町時代から「金谷宿」として栄えてきた街なので、果たして金谷駅が街外れにあるのはこのような理由なのか否か…。気になるところではあります。

 

秘境 神尾駅

さて、金谷駅からは大井川鉄道に乗車し北へ向います。

雨の降る中ゴゴゴゴと轟音を立てて走る列車は、存分に旅気分を味わうことができました。

そうして向かったのは金谷から20分の秘境駅、神尾。

周りに集落が一切なく、駅舎は掘っ建て小屋とも言えないような屋根付きベンチのみ。

どうやらここは狸で有名らしく、駅周辺には狸のオブジェが30体以上も。本当に金谷の街から20分とは思えない山の中でした。

 

f:id:BUNTRAIN_1101:20210822165058j:image

神尾駅先端より撮影。大井川鉄道の有名撮影地ながら、鉄道以外でのアクセスの悪さと本数の少なさが故か降りる人は自分のみ。

 

駅では、車で来たという初老と思わしき方にお会いしました。聞いたところによると横浜に住んでいる親戚からSLの撮影を頼まれたんだとか。

 

笹間渡へ

無事SLを撮影し終え、帰りの電車を待とうとしたその時、先程の方が「本数も少ないし笹間渡の方に行くなら送ってやる」と言ってくださいました。

雨の中の集落さえない限界駅ですから、残り一時間半を有意義に使えるのであれば、お言葉に甘えさせていただきましょう。

笹間渡は5つ先、大井川鉄道の運営する温泉旅館のある一大観光地です。観光するにせよ、すぐ折り返すにせよ、行けるのならば行くに越したことはありません。

 

さて、車に乗ってから伺ったことなんですが、なんと車に乗せてくれた方、国鉄鉄道技術研究所の元職員さんでした。

ブレーキの開発など行っていたようで、初めて採用されたディスクブレーキの話や当時の首都圏各地の状況など、僕ら世代が知り得ないような情報を様々話してくださいました。

他にも途中で撮影地めぐりまでさせていただき、(昔はカメラを趣味でされていたそうで、Nikon fをお持ちだったんだとか。車には旧モデルのSLIKのプロフェッショナルが積まれており、写真にかなり力を注がれていたことが分かります…)笹間度で下ろして頂いた際にお名前だけでも伺っておくべきだったと、少し後悔しています。

本当にありがとうございました。

 

うなぴっぴごー!

さて、笹間度ではすぐ電車が来てしまったので、観光することなくすぐ乗車し金谷に戻りました。

 

今更ですが、行きも帰りも乗ったのは元南海の21000系(ズームカー)。

今後の去就が密かに話題になる中で2度乗れたのは、非常に運が良かったなと思います。

 

金谷に戻って向かった先はお隣、掛川駅

天竜浜名湖鉄道で行われている音街ウナラッピング、通称「うなぴっぴごー!」を撮るべくやってきたわけですが、あと1時間以上あったので近くにあったマクドナルドへ。

新幹線が止まる駅ながらもどこか地元の住宅街を想起させるような、それでいながら何か空気が地元とは少し違う、静かで住みやすそうな素敵な街でした。

街歩きは、駅にいるだけでは気づけないことが沢山あるから楽しいものです。

 

さて時間を潰したあとはお目当てうなぴっぴごー!の撮影を。

 

f:id:BUNTRAIN_1101:20210911140706j:image

うなぴっぴごー!の1本前の列車。偶然ついなちゃんHM列車に遭遇しました。


f:id:BUNTRAIN_1101:20210911140702j:image
f:id:BUNTRAIN_1101:20210911140658j:image
f:id:BUNTRAIN_1101:20210911140710j:image

かわいいねぇ^〜( ◜ᴗ◝)( ◜ᴗ◝)

 

いつか撮りに行こう撮りに行こうでやっと来れたわけですが、もっと早く来るべきでした…外のラッピングのみならず車内までウナちゃん尽くしなのは非常にポイント高いですね…

本当に来て良かった…と思うと同時にまた天浜線に行くことを決めました。

(ちなみにこの1週間後、今度はゆるキャン△ラッピング目当てで本当にもう一度行きました。まだまだ撮り足りないのでまた冬にでも行きたいですね。)

 

清水へ

さて、本来なら日も暮れるような時間になったので、清水の友人の元へ向かいます。

f:id:BUNTRAIN_1101:20210911142544j:image

 

ということで清水へやって来ました。f:id:BUNTRAIN_1101:20210930192650j:image

清水はちびまる子ちゃんの舞台ということで、駅には記念撮影用プレートなんかも置いてありました。

街自体は、大きなロータリーと店が並ぶ、生活するには便利そうな街でした。西と東で発展に大きな差があることは少し気になりましたが…。

過去に1度、その彼の元へ会いに行ったことがあるのですが、その時は全然時間の関係上街を見渡すことすら出来なかったので、改めて駅前だけでも見渡すことが出来て良かったなと思います。

 

そして無事合流してサイゼリアへ。

ちょっと奢って貰っちゃいました。ごちそうさまです…!

久しぶりに顔合わせができて嬉しかったですね…また冬にでも行こうと思います。
f:id:BUNTRAIN_1101:20210930192653j:image

 

晩ご飯を済ませたところで、ホームライナーで帰宅します。

f:id:BUNTRAIN_1101:20210930193439j:image

20時29分発のホームライナーに乗車。沼津まで各停より早く快適に行くことが出来るので、静岡に行く際は皆さんも使用してみてはいかかでしょうか。

使用車両は373系。特急型車両でありながら、特急、ライナー、普通までこなすJR東海のエース級車両です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちなみに余談ですが、このホームライナー8号に乗ると沼津からの東京方面への接続が無茶苦茶に良いです。

沼津 21時1分着→21時5分発(清水 20時15分発だった各停と接続)

熱海 21時23分着→21時26分発

 

品川 22時58分着

東京 23時8分着

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この後は何事もなく日が変わる頃には無事津田沼へ帰ることが出来ました。

正確には最寄りは津田沼ではないのですが、そこはプライバシー的なものがあるので…ね?

 

 

ということでここまで読んでくださり、ありがとうございました。また何かあったら記事を更新しようと思います。

では、またいつか。

「撮影地」と「撮影スポット」?

大変おひさしぶりです。しらくぼです。

 

今回のタイトルは『「撮影地」と「撮影スポット」?』ということで、まずはこちらをご覧下さい。

f:id:BUNTRAIN_1101:20210814105102p:image  f:id:BUNTRAIN_1101:20210814105111p:image

この2枚、「撮影地」と「撮影スポット」という似た表現を用いた検索にもかかわらず、ここまで鉄オタと一般人の棲み分けが綺麗にされているんですよね。

なかなか面白くないですか!?

 

ではどうしてこのようなことになったのでしょうか。2つの原因を考えてみました。

 

そもそも

そもそも大前提として、「鹿島貨物」という貨物列車の存在があるので、今回の検索結果に「鹿島」というワードが関係しているのは間違いなさそうです。鉄オタも一般人も検索しうるワード(特に地名)だと今回のようになるのかもしれませんね。

 

「地」と「スポット」

一般の会話の中でおすすめの撮影地ある?とは言わないですし、「撮影地」という表現自体が鉄オタ文化なのかもなどと思っています。
スポットと言わないのは、場所より位置を重視するのが鉄オタという文化なのかなと。そこが置きゲバ文化、ショバの場所取り合戦などにも繋がっていそうな気がします。

 

Twitterではこんな意見も出ていて、なんだか納得させられました。

Kさん

f:id:BUNTRAIN_1101:20210814110446j:image

 

まとめ

「鹿島」というワードによるもの、鉄オタ文化の中の「位置取り」に関することが関係しているのではないか、という2点から軽〜く考察してみましたが、様々原因は考えられると思います。読者の皆様の思う予想や考察などございましたらコメントなどへお寄せください。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

自己紹介

皆様初めまして。しらくぼと申します。

 

このブログではどーでもいい日々のことや、各週のお題について書いていこうと思っています。

 

不定期更新だとは思いますが、続けられる限り頑張ります。よろしくお願いします。